美肌って、どんな状態の肌のことか知っていますか?









こんにちは、美肌研究家のソウ(@souiam01)です。

 

「美肌って、どんな肌のことをいうのか分からない」

 

「美肌になる方法が知りたい」

 

この記事はそんな方に向けて書いています。

 

みなさんは美肌ってどんな状態の肌のことか考えたことがありますか?

 

美肌ってパッと見で、あの人の肌キレイ!

 

って思うものなので、その定義が何なのかってあまり考えないですよね〜w

 

今回は、美肌工房代表のぼくが考える美肌とは、どんな状態の肌のことをいうのかについて解説していきます!

 

今現在の自分が手に入れることのできる範囲で、美肌を目指していきましょう!^^

 

美肌ってどんな状態の肌のことをいうの?

ぼくは以下の4点がすべて揃っている肌を、美肌と定義しています。

 

  1. みずみずしいうるおいのある肌
  2. ハリと弾力のある肌
  3. キメが整っている肌
  4. 透明感のある肌

 

①みずみずしいうるおいのある肌

角質層に水分が十分に保たれている状態の肌です。

 

手で触れた時に、しっとりとしたやわらかい感触を感じることができます。

 

またキメが整っているので、ツヤ感があります。

 

韓国人の肌がツヤがあって綺麗にみえるのは、みずみずしくうるおいを保っている証拠なのかもしれませんね。

 

②ハリと弾力のある肌

コラーゲンなどのうるおい成分が十分に保たれている、若々しい状態の肌です。

 

手で触れた時に、弾くようなハリを感じることができます。

 

ねこくん
例えるなら、トランポリンで跳ねる感じだね!

 

たるみやシワがない、若々しいイキイキとした印象があります。

 

③キメが整っている肌

毛穴の開きや角栓などの毛穴トラブルが目立たず、なめらかな状態の肌です。

 

むき卵のようなつるんとした印象を与えます。

 

もちろん、ニキビやニキビ跡などの肌トラブルもありません。

 

④透明感のある肌

肌のターンオーバーが正常で、角質層に重みがない、なめらかな状態の肌です。

 

肌のトーンが明るく、くすみのない透き通るような印象を与えます。

 

シミが目立たず血色もいいので、周りからはイキイキとしてみえます。

 

 

定義を満たす美肌になるためには?

みなさんは上記の4点がすべて揃っている美肌になりたいとは思いませんか?

 

ぼくは、こんな美肌になりたいと日々意識して生活していますw

 

特に気をつけていることは、

 

食事と睡眠です。

 

食べるもので肌がつくられ、睡眠で疲れた肌が回復するんです!

 

美肌になりたい方は、まずはじめの一歩として、この2つを重点的に見直してみましょう!

 

食事は、

 

  • タンパク質が不足しないようにすること。
  • 野菜やビタミン剤でビタミンをきちんと摂ること。

 

に気をつけてください。

 

また、睡眠は量よりも質を重視したほうがいいので、その辺もしっかりと理解しておきましょう!

 

睡眠については、過去記事で詳しく解説しています。

 

参照記事:肌荒れしやすい人が、たったの1か月で美肌になる睡眠方法!

 

基本はこの2つでOKです!

 

ほんとに食事と睡眠を改善するだけでも肌って変わりますよ。

 

この2つを完璧にクリアしていたら、正直スキンケアってあまり必要ない気がします。

 

とはいえ、ぼくも含め乾燥肌の方は、保湿をしないと肌荒れの原因にもなるので、最低限必要なケアだけやっていきましょう!

 

過剰なスキンケアは必要ありません。

 

以下の過去記事にも目を通していただくと、より美肌づくりに関しての理解度が深まりますよ!

 

参照記事:洗顔だけで肌は変わる!美肌になる正しい洗顔方法。

参照記事:乾燥の季節、間違った保湿ケアで乾燥が悪化する!?

参照記事:化粧水を塗るときは、手とコットンどっちがいいの?

 

まずは、食事と睡眠、プラスαでスキンケアってな感じで認識していただくといいでしょう。

 

ではでは、今日はこの辺で😆

 

▼Twitterでぼくの日常と美肌をつくるノウハウ、ブログの更新情報を流していますので、フォローよろしくお願いします!












この記事が良かったら、シェアしていただけると嬉しいです^^