ビタミンCを摂取するタイミングについて解説するよ!









この記事はこんな方へ向けて書いています。

  • 「ビタミンCを摂取するタイミングが分からない」
  • 「ビタミンCは、どのタイミングで摂取すると効果的なのかを知りたい」

 

こんにちは、美肌研究家のソウ(@souiam01)です。

 

美肌ビタミンといわれ、色素沈着の緩和や抗酸化作用など、美肌づくりをサポートしてくれるビタミンC。

 

美容のために、サプリメントや医薬品から摂取している人も少なくはないでしょう。

 

そんな優秀なビタミンCですが、摂取のタイミングをまちがえると、十分に効果が発揮できなくなることもあるんです。

 

そこでこの記事では、ビタミンCを効果的に摂取できるタイミングについて解説していきます!

 

サプリメントも医薬品も、摂取するタイミングは同じ

ビタミンCの食品以外からの摂取方法は、

 

  • サプリメント食品に分類されるので、効果や効能、飲むタイミングをはっきりと明記できない)
  • 第3類医薬品医薬品なので、効果や効能、飲むタイミングをはっきりと明記できる)

 

の2種類があります。

 

サプリメントと医薬品は、区別がことなるので全く別のものです。

 

といえども、主成分は同じビタミンCなので、摂取するタイミングはどちらも同じ。

 

という前提で話を進めていきますね!

 

ちなみにビタミン類を食品以外から摂取する場合、サプリメントよりも第3類医薬品での摂取をオススメしています。

 

その理由については、サプリメントは効果なし!?美肌を作るなら医薬品を選ぶべき理由で詳しく解説しています。

 

 

ビタミンCを効果的に摂取できるタイミング

それでは早速、ビタミンCを効果的に摂取できるタイミングを見ていきましょう!

 

ビタミンCを摂取するタイミング
  1. 毎食後、3回に分けてとる
  2. 寝る前の摂取も効果的

 

①毎食後、3回に分けてとる

基本は朝食、昼食、夕食後の3回に分けてとります。

 

  • なぜ、3回に分けるのか?
  • なぜ、食後にとるのか?

 

について、理由を説明していきますね。

 

なぜ、3回に分けるのか?

ビタミンCは、水に溶けやすい”水溶性”という性質を持っています。

 

3回に分ける理由は、水溶性であるビタミンCが尿と一緒に排出され、体内に不足するのを防ぐため。

 

一度にたくさんとるよりも、小分けにしたほうが効果が高いんですね。

 

すべてのビタミンCが排出されるわけではありませんが、できるだけ長く体内に留めておくために、3回に分けて摂取するようにしましょう。

 

 

なぜ、食後にとるのか?

食後にとる理由は、食べたものと一緒に消化吸収がおこなわれるので、とても効率よく摂取できるからです。

 

毎食後、30分以内を目安に摂るといいでしょう。

 

②寝る前の摂取も効果的

寝る前の摂取も効果的だと言われています。

 

その理由として、

 

  • 尿として排出されにくい
  • 体内に留めておくことができる
  • コラーゲンの生成がスムーズになる

 

などがあります。

 

ひとつずつ説明していきます。

 

尿として排出されにくい

寝ている間は、腎臓の血液の流れが穏やかになるため、尿として排出されにくくなります。

 

 

体内に留めておくことができる

尿として排出されにくいので、寝ている間は体内に留めておくことができます。

 

 

コラーゲンの生成がスムーズになる

コラーゲンの生成には、ビタミンCが不可欠です。

 

寝ている間は、ビタミンCが体内に留まっているので、よりコラーゲンの生成がスムーズになります。

 

まとめ:ビタミンCの効果は、摂取するタイミングによって決まる

はじめにもお伝えしましたが、ビタミンCは摂取のタイミングをまちがえると、十分に効果が発揮できないこともあります。

 

逆にいえば、摂取するタイミングが正しいと、ビタミンCの効果が最大限に発揮できるということ。

 

  • 毎食後、3回に分けてとる
  • 寝る前にとる

 

この2つのうち、どちらかのタイミングで摂るようにしましょう!

 

継続して摂っているうちに、みなさんが期待している効果を実感できるようになるはずですよ^^

 

 

ビタミンCの摂取で注意すること

  • 空腹時には飲まない(胃が荒れてしまうことがある)
  • 緑茶やコーヒーなど、カフェインやカテキン入り飲料で飲まない(栄養の吸収を妨害してしまう)

 

▼Twitterでぼくの日常と美肌をつくるノウハウ、ブログの更新情報を流していますので、フォローよろしくお願いします!












この記事が良かったら、シェアしていただけると嬉しいです^^