【超まとめ】2017年、美肌研究家がやってよかったスキンケア!









どうも、こんにちは!はじめましての人ははじめまして!

 

美肌研究家のソウ(@souiam01)です。

 

今日は2017年に僕がやってよかったと思うスキンケアについてご紹介します。

 

実際にエビデンスもあり、僕自身の肌で効果を実感できたものだけにフォーカスを絞っているので、試してみる価値は大いにあると思いますよ。

 

特に乾燥肌、敏感肌、肌荒れにお悩みの方に読みごたえのある記事に仕上げています。

 

それでは、今日もよろしくお願いしますっ!

2017年、美肌研究家がやってよかったと思うスキンケア

洗浄剤の洗浄力を落として、洗いすぎに注意した

美肌をつくる上でもっとも大切なスキンケアは、3大美肌成分(皮脂、天然保湿因子、セラミド)を落としすぎないようにすることです。

 

ねこくん
天然の美肌成分が美肌をつくるんだ!

 

いぬくん
なるほど〜美肌のもとになる成分だね。

 

3大美肌成分を落としすぎると、肌のバリア機能が低下して肌荒れを起こしたり、肌刺激になるので何1ついいことはありません。

 

美肌を手に入れたい方は、まず洗浄剤の成分と洗い方を見直すことから始めてみましょう!

 

これがまず最初にやるべきスキンケアです。

 

洗顔について詳しく解説した記事→洗顔だけで肌は変わる!美肌になる正しい洗顔方法。

 

化粧水でセラミドを補給した

僕は生まれつき乾燥性敏感肌で、今まで試行錯誤をくり返しながらたくさんの化粧水をつかいスキンケアをしてきました。

 

今でこそ専門知識を持ち合わせていますが、その当時は成分にこだわることなく”濃厚保湿”などのキャッチフレーズにながされて商品を買っていました。

 

そんな買い方をしていたので、もちろん肌の乾燥が改善することはなく、、

 

それどころか、季節によっては粉吹き(鱗屑)を引き起こすほど、最悪なコンディションに陥ることもありました。。苦笑

 

もともと生まれ持った肌質なのでそれ自体を変えることはできませんが、なんとかして乾燥肌の対策ができないものかずっと模索していました。

 

そんな時に、乾燥肌にはセラミド補給が効果的とのスキンケア情報を入手したんですね。(これは数年前の話ですが、2017年も継続してよかったと思うスキンケアです。)

 

セラミドとは、肌の水分を保持して潤いをキープしたり、肌のバリア機能を司る成分で乾燥肌はセラミド量が少ないと言われています。

 

乾燥性敏感肌は「セラミド」が不足しがちで、角層のバリア機能が充分に働かないことがあります。

乾燥などの外部刺激によって肌荒れしやすい、いわばスキだらけの状態…。

肌表面も、荒れやカサつきをくり返しやすくなってしまいます。

出典:乾燥性敏感肌を考えたキュレル

 

”カサカサ”や”ヒリヒリ”に悩まされていた時がうそだったかのように、セラミド補給によって肌がうるおいを取りもどしました。

 

肌の乾燥はカサつきだけでなく、肌荒れを引き起こしてしまう懸念もあるので、乾燥する季節はとくにセラミドでのスキンケアをオススメします。

 

セラミドについて詳しく解説した記事→角質層にセラミド補給を急げ!セラミドの美肌効果6選!

 

抗酸化成分(アスタキサンチン、プラセンタなど)を補給した

アスタキサンチンは、「一重項酸素」と呼ばれる活性酸素に対して最も効果が高いことわかっています。

シミやシワなど肌の老化の原因である紫外線によって発生するのが一重項酸素です。

研究によるとアスタキサンチンはビタミンEの約550倍、β-カロテンの40倍もの効果があることがわかっています。

出典:富士フイルム ヘルスケア未来研究所

 

”肌を過保護にしてはいけない”といつもお伝えしていますが、抗酸化成分をおぎなうのであれば話は別です。笑

 

基本的なスキンケアはセラミド入りの化粧水だけで十分ですが、プラスαのスキンケアとしてその上から抗酸化力のあるクリームなどを塗るといいでしょう。

 

ちなみに僕は、Napla(ナプラ)さんのForelia(フォーレリア)というメディカルフェイシャルゲルを使っています。

 

 

フォーレリアの配合成分と効果をまとめておきます。

 

有効成分

  • グリチルリチン酸ジカリウム…抗炎症成分
  • ニチレイ・水溶性プラセンタエキス…肌のターンオーバーを促進

 

その他の成分

  • 水溶性コラーゲン液…高い保湿性、保水性
  • リン酸アスコルビルMg…抗酸化、美白効果
  • 天然ビタミンE…高い抗酸化作用
  • ヒアルロン酸ナトリウム…高い保水力
  • アラントイン…抗炎症、肌荒れの改善効果

 

この他にもアミノ酸やたくさんの有効エキスが含まれています。

 

炎症をおさえてターンオーバーを促し、アンチエイジングケア、保湿ケア、美白ケアまでできる優秀なメディカルフェイシャルゲルです。

 

さらっとしたテクスチャーで使い勝手はいいのですが、僕の肌はこれだけでは乾燥してしまうため、油分でフタをする意味で白色ワセリンをうすく塗っています。

 

ポイントは乾燥する部位だけにうすく塗ること。厚塗りは毛穴をふさいでニキビの原因になります。

 

ちなみにワセリンは不純物を極限までとりのぞいた”白色ワセリン”がオススメです!

 

2017年のスキンケア超まとめ

今までたくさんの化粧品をつかい、過保護かっ!て思われるくらい入念にスキンケアをしてきました。

 

しかし、2017年現在、僕の基本のスキンケアは実にシンプルになりました。

 

必要最低限のものだけをおぎなうだけで、スキンケアに余計なお金や時間はつかわなくなりました。

 

正直、僕が乾燥肌じゃなければ、もっと少なくなるはずです。笑

 

他の記事でいつもお伝えしていますが、化粧品の成分は肌表面の角質層までにしかとどきません。

 

なので、角質層にもともと存在する成分や抗酸化力のある成分をおぎなうことが大切なのです。

 

今日のポイントは、

 

  • 3大美肌成分を落としすぎない
  • 角質層に有効な成分だけを補給する

 

この2つのどちらかが欠けていると、どんな高級な化粧品を使ってスキンケアしても美肌になることはありません。

 

これは年を越して2018年になっても2019年になっても、ずっと不変しない基本のスキンケアです。

 

このスキンケアをベースに食事のバランス、

 

参照記事→美肌になる飲み物!美肌研究家がオススメする飲み物12選。

参照記事→キムチの美肌効果!キムチの力で美肌を手に入れる方法。

参照記事→コーヒーには美肌効果があった!驚きの効果効能を徹底解説!

参照記事→クリスマス料理で美肌に!?そのメニューと美肌効果とは??

 

そして、睡眠の質も同時に見直してみましょう!

 

参照記事→肌荒れしやすい人が、たったの1か月で美肌になる睡眠方法!

 

ではでは、2017年の投稿はこれで最後になります。

 

1年間、本当にありがとうございました!!

 

そして、2018年も皆さんにとってよい1年でありますように。

 

▼Twitterで美肌をつくるノウハウとブログの更新情報を流していますので、フォローよろしくお願いします。













フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません。